Top Page

トップページ    
 
   第7巻 第1号 2018年6月号
   
   ページ数 タイトル/著者 
    巻頭言 
3〜4 科学と技術はどこまで広がっているのか―真理に。人の心に―
橋本 文彦
    特集 
5〜14 科学哲学の現代的課題
横山 輝雄
15-22 絶対的現在の実在性と科学的真理の実在性について
森田 邦久 
    連載
23〜26 研究機関紹介 成蹊学園サステナビリティ教育研究センター
池上 敦子、小田 宏信
    総論
27〜33 強酸性環境を中和する酵母
浦野 直人、長岡 真太郎、岡井 公彦
    原著
35〜38 4, 5, 6族金属酸化物添加ガラス電極のpH応答性及び耐久性評価
西尾 友志、古川 真衣、立石 一希、勝又 英之、鈴木 透、金子 聡
39〜42 The available utilization of selenium from some inedible tissues of marine products-IV: The distribution of selenium in several species of shrimps
Norihisa Kai, Takanori Inoue, and Takeshi Nagai
43〜50 水ガラスを主成分とした新規な被覆形成消火剤の開発と消火特性
真 隆志、菅原 鉄治、松木 嚴生、塩盛 弘一郎
51〜54 IoTを用いた海洋情報取得システム―富山湾の寄り回り波観測―
水本 巌、古山 彰一、鈴木 信雄、小木曽 正造
55〜60 J-POPの想起に関する実験的検討―楽曲の構造に着目して―
小槻 智彩
61〜68 Reevaluation of analytical condition using highly singlet oxygen sensitive/selective reagent in aqueous-/non-aqueous solution
Yu Saito, Yuto Koseki, Bunpei Hatano, Kazuaki Sato, Susumu Okubo, Hitoshi Ohta, and Tateaki Ogata
69〜74 イオン交換クロマトグラフィー/誘導結合プラズマ質量分析法による海藻及び米試料中ヒ素の形態別定量
大脇 進治、松岡 美帆、佐藤 孝史、菊川 浩史、小林 政人、金子 聡
    短報 
75〜80 アジア人財資金構想および山形大学大学院理工学研究科の理工系外国人卒業・修了生の地方定着要因に関する研究
童 煉、綾部 誠、野田 博行
    資料
81〜84 Bio-argumentation for purifying VOCs
Iwao Tamura and Kazuyoshi Adachi
   
 
   第7巻 第2号 2018年12月号
   
   ページ数 タイトル/著者 
    巻頭言 
91〜92 食品機能開発の問題点―脳機能と栄養―
横越 英彦
    特集 
93〜100 カロテノイド研究40年―天然色素に魅せられて―
眞岡 孝至
101-104 上杉鷹山公からの贈り物―健康食材「ヒメウコギ」―
尾形 健明
    連載
105〜108 研究機関紹介 株式会社東レリサーチセンター
山本 美夏
    原著
109〜112 In Silico study of the conformational flexibility of point mutated Geobacillus stearothermophilus farnesyl diphosphate synthase
Petrus Yesaya Samori, Yasutaka Yoshida, Norimasa Ohya, Bunpei Hatano, Satoshi Murakami, and Tatsuro Kijima
113〜118 光触媒材料開発のためのリートベルト法による結晶相解析精度の向上
森澤 諭、古川 真衣、立石 一希、勝又 英之、金子 聡、増山 和晃
119〜122 Photocatalytic degradation of Linuron in aqueous solution with nanosized TiO2 under sunlight irradiation
Satoshi Morisawa, Mai Furukawa, Ikki Tateishi, Hideyuki Katsumata, Satoshi Kaneco, and Kazuaki Masuyama
123〜126 Optimization of conditions for removal of 137Cs by Rhodococcus erythropolis CS98 immobilized in agarose hydrogel
Takayuki Takei, Juri Nomura, Nguyen Duc Hanh, Yudai Yuji, Noriko Tomioka, and Masahiro Yoshida
127〜132 高校生の友人関係とSNS利用に伴うネガティブ経験
中山 満子
133〜137 アルギン酸カルシウムを用いた非生体由来創傷治療用ハイドロゲルの開発―ゲル化時間の制御と銀イオン放出特性―
手島 涼太、水野 和浩
139〜143 転相温度乳化法による有機色素を固定化したナノカプセルの調製
亀澤 美春、木下 智之、高木 斗志彦、大角 義浩、武井 孝行、吉田 昌弘
    短報 
145〜148 Developing an intelligent library gate to detect unauthorized borrowing and to minimize electrical power consumption
Yusuke Kajiwara, Haruhiko Kimura, and Toshihiko Shimauchi
149〜152 スルホニルハライドを用いたアミド化・エステル化反応
梅村 一之、大谷 惇、岩坂 健志、吉澤 孝之、山野辺 輝、野田 剛
 
 
 copyright (c) 2008 society for human environmental studies. all rights reserved.