Top Page

トップページ    
 
   第8巻 第1号 2019年6月号
   
   ページ数 タイトル/著者 
    巻頭言 
3〜4 ブタペスト宣言と科学リテラシーの転換
横山 輝雄
    特集 
5〜12 境界設定問題はどのように概念化されるべきか
伊勢田 哲治
    総論
13〜22 水圏環境における多剤耐性菌の繁殖度調査
浦野 直人、石田 真巳、岡井 公彦、高塩 仁愛、武井 俊憲
    原著
23〜29 酸化水酸化鉄微粒子を内包したポリアクリルアミドクライオゲルによるヒ素(V)のカラム連続吸着特性
市側 大稀、塩盛 弘一郎、大榮 薫
31〜34 Simply structured and non-electric weight scale for liquid nitrogen tanks
Kohei Tada
35〜38 リチウムイオン電池の火災検知のための光吸収分光測定システム
小西 朋春、水本 巌、由井 四海
39〜44 Proposal for LMS-like environment by utilizing Google Apps to promote English reading activities
Toshihiko Shimauchi, Hidetaka Nambo, and Haruhiko Kimura
45〜48 The available utilization of selenium from some inedible tissues of marine products-V: The distribution of selenium in several species of fish as the special marine products from Oita Prefecture
Norihisa Kai, Takanori Inoue, and Takeshi Nagai
49〜52 Conformational effect of thiol-compounds on the formation of a nitrosyl(protoporphyrinato)iron(II) complex adsorbed on a basic oxide of magnesium oxide powder with the nitrite ion
Hiroyuki Noda
53〜59 LiSB電流遮断後の過電圧緩和過程―2段分布定数回路の解析関数の導出と実電池への応用―
仁科 辰夫、伊藤 智博、立花 和宏
    短報 
61〜68 調理・加工した山口県産トマト、ナス及びカボチャの抗酸化性
三上 奈々、若林 舞、佐藤 あゆみ、人見 英里
69〜74 Discriminant analysis on university students’ reading skills: Experiments using class learning outcomes and certificate exam scores
Toshihiko Shimauchi, Hidetaka Nambo, and Haruhiko Kimura
 
 
   第8巻 第2号 2019年12月号
   
   ページ数 タイトル/著者 
    巻頭言 
81〜82 日本人の強さを再認識する
岡村 久和
    特集 
83〜86 大型リチウムイオン電池の燃焼試験について―身近になった高性能電池と火災による類焼の危険性―
松尾 博
    連載 
87〜94 研究機関紹介 重要文化財・米沢高等工業学校
立花 和宏
    総論
95〜102 海洋生態系における「水銀」および「セレン」に関わった40年間の軌跡
甲斐 徳久
    主張
103〜108 静岡大学食品・生物産業創出拠点の誕生から現在まで―地域産学連携16年を振り返って―
碓氷 泰市
    原著
109〜112 Elimination of hydrogen sulfide adsorbed on Cu(II)-modified hydroxyapatite by warm water
Hiroshi Nishida, Mitsumasa Kimata, Tateaki Ogata, and Takahiro Kawai
113〜118 脳波駆動機器における動作信頼性評価および誤動作率低減に関する検討
富樫 亮太、小野寺 良二、宍戸 道明
119〜122 LiSB系のACインピーダンス応答―2段分布定数回路による解析関数の導出―
仁科 辰夫、伊藤 智博、立花 和宏
    短報 
123〜128 スカンジウムのコマツナの発芽と生長へ及ぼす影響
辻 久巳、中山 享
129〜132 Glycated hemoglobin levels among workers who remained in the area evacuated after the Fukushima Daiichi Nuclear Plant disaster
Tomoya Mukai, Yuki Nozawa, Ryu Miyagawa, Takeshi Ohta, and Keiichi Nakagawa
133〜136 A study of noise reduction method on capillary images by utilizing OpenCV
Shin-ichi Shibata, Dai Katsuki, Toshihiko Shimauchi, and Haruhiko Kimura
137〜143 バーチャルリアリティ(VR)映像の視聴によるストレス緩和効果
―VR散歩の有用性―
松本 和也、河内 茉帆、森繁 優衣、品川 葵、沼田 美里、杉原 迅紀、吉村 耕一
 
 copyright (c) 2008 society for human environmental studies. all rights reserved.